100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

免疫 血液 睡眠

酵素とビタミンBが摂取できる飲み物は甘酒で抜け毛も予防できる

酵素は代謝を高めて血行を促進します。
食べ物の消化や吸収も助ける。

ビタミンB群は糖や脂質の代謝を促します。
疲れを取りやすくする。

抜け毛の予防にはホルモンの合成が欠かせません。

以上3つに適応している飲み物が甘酒。
飲む点滴と言われていることも有名。

甘酒は作るのが簡単なのでよく作っています。
ぜひ、お試しください。


甘酒の効果とメリット

・栄養価が高い(栄養ドリンク)
・酵素&ビタミン(特にB群)を多く含む
・優れた代謝促進機能
・生命活動の維持に重要な役割を果たす
・高齢者の栄養補給に最適

・便秘や下痢の改善(整腸作用)
・抜け毛が減った(抜け毛予防)
・肌に良い
・潰瘍性大腸炎がよくなった
・糖尿病の改善(血糖値)
・食欲不振が改善
・高齢者の風邪の重症化が減少
・夜間の興奮が改善(お年寄りに多い)

 

簡単に甘酒を飲む方法

・市販の甘酒を買って飲む

これが一番簡単です。

100円ショップにも甘酒を販売しているお店があります。
ネットで購入すれば楽です。

メリットは作る手間が省ける。
保存がきく。

デメリットは手作りより価格が割高。

 

手作り甘酒(簡易版)

甘酒の作り方で米麹だけバージョン。
ヨーグルトメーカーで作ります。

<ステップ1>

乾燥した米麹を300グラム用意する。

スーパーで米麹が300グラム400円で売ってました。
300グラムを買えば、測る必要がなくなります。

<ステップ2>

60度のお湯を用意する。

温度計がない場合、熱湯を30分くらい放置しておく
(環境によりますが)

<ステップ3>

ヨーグルトメーカーの付属の容器にお湯と米麹を入れてよく混ぜる。

混ぜ棒はヨーグルトメーカーに付属。

<ステップ4>

ヨーグルトメーカーの甘酒自動メニューで作る。
6時間で完成します。

スポンサードリンク

<ステップ5>

容器の中の甘酒をかき混ぜる。
保存期間は3日間。
(環境によりますが)

〇オススメのヨーグルトメーカーは?

・アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー IYM-013

これ1台で甘酒、ヨーグルトなどが作れます。
自動メニューもあるので便利。

 

手作り甘酒

・ヨーグルトメーカーで作る

・アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー IYM-013
(作り方レシピがついています)

<ステップ1>

乾燥した米麹を300グラム用意する。

<ステップ2>

炊いたお米を300グラム用意する。

レンジでチンのご飯でもOK。

<ステップ3>

熱湯250MLと水150MLを用意する。

<ステップ4>

ヨーグルトメーカーの付属の容器に「お湯」と米麹を入れてよく混ぜる。

よく混ぜた後「水」を入れてよく混ぜる。

<ステップ5>

ヨーグルトメーカーの甘酒自動メニューで作る。
9時間で完成します。

<ステップ6>

容器の中の甘酒をかき混ぜる。
保存期間は3日間。

(環境によりますが)

甘酒の飲み方

手作り甘酒はとても甘いです。

そのまま食べてもかまいません。
飲むというより食べる感じになります。

2~3倍に薄めても大丈夫ですよ。

私はコーヒーに甘酒を入れてよく飲みます。

1日に甘酒をどれくらい飲んだらいいか?
大さじ4杯(60ML)程度でOKです。

私は1日200MLを3日飲んでいます。
3日で作った甘酒がなくなるようにしています。

お通じが良くなります。

 

甘酒の保存方法

環境によりますが、保存期間は3日間程度。

冷蔵だと保存期間は5~7日間程度。

冷凍だと3ヵ月程度。

さらに保存を長くする方法は火入れです。

火入れとは甘酒を加熱すること。
これによって、雑菌の繁殖を抑え、保管期限が長くなります。

ただし、生甘酒が持つ酵素などがなくなります。

 

スポンサードリンク

-免疫, 血液, 睡眠,
-,

執筆者:

関連記事

重度の脳梗塞予防には心房細動に気づくこと!自己診断方法

重度の脳梗塞予防には心房細動に気づくこと!自己診断方法

脳梗塞が軽度になる人と重度になる人とは基本的にメカニズムが違います。 軽度の血栓の直径はおよそ2~6mm。 重度の血栓の直径はおよそ3センチ。 軽~中程度の一年の生存率は80% 重度になると一年の生存 …

偏頭痛と緊張型頭痛の対処法の違いと血液サラサラ体操

偏頭痛と緊張型頭痛の対処法の違いと血液サラサラ体操

偏頭痛と緊張型頭痛は2大頭痛と言われています。 実は区別が難しい。 スポンサードリンク ・偏頭痛は冷やすのがいい ・緊張型頭痛は温めるといい どちらか試すと分かります。 スポンサードリンク

夏血栓予防にはキュウリを食べてシトルリンを摂取

夏血栓予防にはキュウリを食べてシトルリンを摂取

夏血栓とは夏特有の環境で血栓(血の塊)を作ってしまうこと。 気温32度以上は特に注意で脳梗塞の死亡率が増加。 血栓は脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を引き起こします。 スポンサードリンク 夏に普段している …

スマートウォッチ「h2」を買ったのでレビュー

スマートウォッチ「h2」を買ったのでレビュー

自分の体の色々な数値を知るためにスマートウォッチを買うことにしました。 本当はAppleWatchが欲しいのですが、とりあえず値段が安いスマートウォッチで我慢。 スポンサードリンク 「h2」というスマ …

太るのを気にして1食抜くとインスリンが大量分泌

太るのを気にして1食抜くとインスリンが大量分泌

太るのを気にして1食抜くのは非常識。 1食抜く生活を繰り返すと、体は危険を察知して防御本能として太るように働きます。 1食抜くと次の食事でインスリンが大量分泌しやすくなりますよ。 そして、ブドウ糖を使 …