100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

血液 食べ物 脂肪 コレステロール

心筋梗塞や脳梗塞からの突然死を予防する知識

突然死から身を守るには知識が必要。
今すぐ知りたい方はまとめを読んでください。

心筋梗塞による心不全で急死する話をよく聞きます。
脳梗塞の後遺症で体が動かなくなった話も耳にすることが増えました。

心筋梗塞や脳梗塞の原因は血管が詰まってしまうから。
血管が詰まってしまうのは、原因の1つに悪玉コレステロールがあります。


コレステロールって体に悪いもの?

コレステロールは人間にとって生きていく上で必要不可欠なもの。

人間の体は一つ一つの細胞でできていて、その数は約60兆個。
その原料がコレステロール。

コレステロールは、人間の細胞膜などを作る材料となり、なくてはならないもの。
そのため、コレステロールが足りなくなると免疫力が落ちたり、血管が弱くなって出血したり老化してしまう。

コレステロール=悪者ではない

では、コレステロールが不足するとどうなるのか?

・免疫力が低下
・老化が早まる

これはイヤですね。
若く見られたいし、病気になりたくありません。

じゃあ、コレステロールは多いほうがいいのか?

コレステロールは多いほうがいい?

コレステロールは、多すぎると動脈硬化の元になってしまいます。

では、コレステロールは減らしたほうがいいのか?

減らしすぎると、それはそれで問題。
だから、コレステロールコントロールが大事なんです。

コレステロールをうまくコントロールして、老化せずに長生きすることが大事。
そして、中性脂肪が上がらないようにすることも大事。

なぜなら、中性脂肪が多すぎると悪玉コレステロールの質が変わるから。
このことは、このブログの別のページに書きました。

中性脂肪が増えすぎると、酸化悪玉コレステロールに変化

 

中性脂肪値が上がる意外な食べ物

中性脂肪と言うと名前から脂の取りすぎが原因だと思われますけど、実は脂よりも炭水化物、糖質の取りすぎが原因なんです。

ご飯や麺などの炭水化物は、食べると消化されて糖になります。
糖が肝臓に行って、中性脂肪に合成されるんで脂肪がすごく増える

中性脂肪値が上がる意外な食べ物はお煎餅。
おせんべいの原料は餅米、これは糖質ですから中性脂肪の原因になってしまうのです。

私はお煎餅が大好きなので、よく食べていました。
これからは食べないようにします。

まさか、せんべいを食べ過ぎると中性脂肪値が上がってしまうとは。
考えてみたら、お米でできているから糖質がありますよね。

日本食品標準成分表によると、

・おせんべい2枚糖質10.7
・アイスクリーム半分糖質11.9

だそうですよ。

スナック菓子は体に悪いのは分かっていたのですが・・・。
清涼飲料水も飲まないようにしています。

寝る前に炭水化物と甘いものは厳禁。
洋菓子はすべてコレステロール製品。

食べたほうが良い食品はキノコ類です!

まとめ

【心筋梗塞や脳梗塞による突然死を予防する方法】

・悪玉コレステロールを減らす

悪玉コレステロールを下げる上げないダシを飲む

スポンサードリンク

 

・善玉コレステロールを増やす

善玉コレステロールを増やす散歩と食べ物でLH比を2.0以下へ

 

・中性脂肪を減らす

中性脂肪が増えすぎると、酸化悪玉コレステロールに変化

 

・脂肪肝にならないようにする

脂肪肝とは?アルコールや症状と痛みなど放置すると・・・

 

脂肪肝のチェックリスト&検査方法は健康診断とフィブロスキャンとfib-4

 

脂肪肝を改善する運動と食事で数値を下げる方法

 

このブログでは以上の記事を書いています。
是非、読んでみてください。

対策するのが面倒くさい場合、この3つをやってください。

1.よく噛んでゆっくり食べる
2.甘いものを間食しない
3.よく歩く

スポンサードリンク

-血液, 食べ物, 脂肪, コレステロール
-, , ,

執筆者:

関連記事

カテーテル

動脈硬化か検査する種類は進行具合で体外か体内を選ぶ

動脈硬化か予備軍かを調べるには、大きく分かれて2つの検査があります。 健康診断と医療機関の検査。 調べ方も2つの種類があります。 体外検査と体内検査。 スポンサードリンク そして、動脈硬化の初期と危険 …

酵素とビタミンBが摂取できる飲み物は甘酒で抜け毛も予防できる

酵素とビタミンBが摂取できる飲み物は甘酒で抜け毛も予防できる

酵素は代謝を高めて血行を促進します。 食べ物の消化や吸収も助ける。 ビタミンB群は糖や脂質の代謝を促します。 疲れを取りやすくする。 抜け毛の予防にはホルモンの合成が欠かせません。 スポンサードリンク …

血管しなやか動脈硬化対策の運動特集はインターバル速歩など

血管しなやか動脈硬化対策の運動特集はインターバル速歩など

動脈硬化対策の運動は何をすればいい? 運動は脂質異常症、高血圧、高血糖、メタボリックシンドロームの全てに効果があります。 スポンサードリンク 主に血管をしなやかにする。 有酸素運動が効果的。 *ただし …

体脂肪が増える仕組みと筋肉量が増える仕組み知ってから筋トレをする

体脂肪が増える仕組みと筋肉量が増える仕組み知ってから筋トレをする

なぜ成功者やお金持ちは筋トレをするのか? 今まで考えてきませんでしたが、やっとその理由がわかりました。 その理由の答えは「長生きをする」ためでした。 長生きをするためには、筋力アップが欠かせないのです …

病気や薬が原因の鼻血と5分で止血するキーゼルバッハ部位

病気や薬が原因の鼻血と5分で止血するキーゼルバッハ部位

キーゼルバッハ部位とは、鼻腔入り口(鼻の穴)から1cmくらい奥にある血管がたくさん集まっている部分。 通常の鼻血はキーゼルバッハ部位が切れた鼻血です。 この普通の鼻血なら5分~10分で止血可能。 スポ …