100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

血液 人間ドック コレステロール

動脈硬化か検査する種類は進行具合で体外か体内を選ぶ

動脈硬化か予備軍かを調べるには、大きく分かれて2つの検査があります。
健康診断と医療機関の検査。

調べ方も2つの種類があります。
体外検査と体内検査。

そして、動脈硬化の初期と危険な場合とでは検査方法も変わってきます。

それでは心筋梗塞や脳梗塞にならないために、動脈硬化の検査を見ていきましょう。


健康診断での動脈硬化検査と内容

職場や自治体で行う検査内容
*検査の種類は各自異なる

・血圧を測る
・メタボリックシンドロームかどうかチェック

内臓脂肪の蓄積に脂質異常症、高血圧、高血糖のうち、2つ以上が重なっているとメタボと診断。

・内臓脂肪の蓄積

・ヘソの高さの腹囲を測り、男性は85センチ以上、女性は90センチ以上だと内臓脂肪が蓄積していると判定

<血液検査>
・脂質の量
LDLコレステロール 、HDLコレステロール 、中性脂肪。

・クレアチンの値(慢性腎臓病か分かる)

<尿検査>
・たんぱく質の有無(慢性腎臓病か分かる)

健康診断のメリットとデメリット

メリットは料金が安い。
デメリットは詳細な検査ではない。

特に動脈硬化の心配がない人に向いています。
ここで大きな変化あったり、心配な人は医療機関の検査へ。

医療機関での動脈硬化検査と内容

医療機関での検査方法は2種類あります。

・体の外側からの観察
・体の内側からの観察

特に症状がない人は体の外側からの観察。

動脈硬化の危険因子が多い人や何かしらの症状がある
は体の内側からの観察。

体の外側からの検査の種類

・頸動脈エコー検査
・CT検査
・MRI検査

心筋梗塞や脳梗塞が起こったことがある人やその危険性が高い人は、
CT検査などを受診。

体の内側からの検査の種類

・冠動脈造影検査
・血管内超音波検査
・OCT検査

血管が狭くなっていれば、カテーテルを挿入する検査。

頚動脈エコー検査

頚動脈エコー検査は血管の壁の状態を簡単に調べることができる。

検査方法は首に検査用のゼリーを塗り、プローブという機器を密着させて頚動脈の内部を映し出し、動脈硬化の進み具合を調べます。
頚動脈の内腔の幅やプラークの有無や大きさなどが分かります。

最初に行われることの多い検査。
この検査はゼリーを塗るだけなので、体に負担が少なくて怖さはないですね。

動脈硬化は全身の血管に起こるので、頚動脈の動脈硬化が進んでいれば、冠動脈などほかの血管でも動脈硬化が進んでいる可能性が高いと推測できます。

CT検査

CTとはコンピュータ断層撮影検査。

腕の血管から造影剤を点滴で投与し、エックス線を照射して体の断面を撮影する検査で、血管を立体的に描き出します。
冠動脈から脚の血管に至るまで、動脈硬化の状態を調べることができます。

痛みは?

スポンサードリンク

MRI検査

MRIとは磁気共鳴画像検査。
磁気を利用して血管や臓器を写し出す検査です。

特に、脳の血管の動脈硬化の状態を調べることができます。
最近は、脳の血管を目立たせるMRAという検査もあります。

体の外側からの検査の種類

・冠動脈造影検査
・血管内超音波検査
・OCT検査

*カテーテルとは、細長い管状の医療器具です。

血管にカテーテルを挿入して血管内の様子を詳しく調べる検査。

冠動脈造影検査

カテーテルを手首などの血管から挿入して、冠動脈の入り口まで送り込んで造影剤を注入し、同時に心臓をエックス線で撮影します。

これは痛みがあるのかな?ちょっと怖いイメージ。

血液の流れているところが黒く写ります。
そのため、動脈硬化によって血流が悪くなっている部分がよく分かります。

筋梗塞の危険性が高いと診断された場合

冠動脈造影検査で心筋梗塞の危険性が高いと診断された場合は、狭くなった血管内にステントという器具を挿入して冠動脈を広げる治療が行われます。

これは麻酔とか使うのかな?痛みを知りたい。

ステントによる治療を行うかどうかは、冠動脈造影検査やCT検査で、冠動脈の血流を調べて判断されます。

最近はプラークがある場所より心臓に近い位置の血流量と心臓から遠い位置の血流量を測って比較し、心臓から遠い位置の血流が80%以下だと、ステントによる治療が必要と判断するのが一般的です。

冠動脈が狭い場合

冠動脈が狭くなっていることが分かった場合は、さらに血管内超音波検査やOCT(光干渉断層法)検査などを行って、プラークの状態を調べることがあります。

血管内超音波検査

血管内超音波検査は先端に超音波発生装置の付いたカテーテルを冠動脈に送り込み、超音波を発生させて冠動脈の断面を描き出す検査。

カテーテルを冠動脈に送り込みっていうのが気になる。
痛いのかな?

血管の内腔の状態が分かります。
さらに、そのデータを解析するとプラークの成分が分かります。

プラークには、線維性のタイプと、コレステロールなど脂質の多いタイプがあります。

線維性のものは比較的安定していて破れにくいのですが、脂質が多いタイプは破れやすく、心筋梗塞が起こる可能性が高い。

OCT検査

OCT検査はカテーテルを冠動脈に送り込んで、近赤外線を当てて観察し、プラークが線維性のタイプか脂質の多いタイプかを調べます。

これもカテーテルを冠動脈に送り込みっていうのが気になる。
痛いのかな?

OCTは顕微鏡と同じくらいの精度だといわれています。

まとめ血流の状態や血管の硬さを調べる検査

ABI検査

ABIは腕と足首の血圧を測り、その比を計算します。

足首の血圧が健康な場合より低い場合は、脚の血管が動脈硬化で狭くなっているために、血流が悪くなっていると考えられます。

ベッドに横になり、両腕と両足首に計測用のカフを着けて行われます。

baPWV検査

baPWVは脈が心臓から上腕や足首まで伝わる速度を調べます。

健康な場合より速く伝わる場合、動脈硬化によって血管が硬くなっていると推測されます。

ベッドに横になり、両腕と両足首に計測用のカフを着けて行われます。

スポンサードリンク

-血液, 人間ドック, コレステロール
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

夏血栓予防にはキュウリを食べてシトルリンを摂取

夏血栓予防にはキュウリを食べてシトルリンを摂取

夏血栓とは夏特有の環境で血栓(血の塊)を作ってしまうこと。 気温32度以上は特に注意で脳梗塞の死亡率が増加。 血栓は脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を引き起こします。 スポンサードリンク 夏に普段している …

病気や薬が原因の鼻血と5分で止血するキーゼルバッハ部位

病気や薬が原因の鼻血と5分で止血するキーゼルバッハ部位

キーゼルバッハ部位とは、鼻腔入り口(鼻の穴)から1cmくらい奥にある血管がたくさん集まっている部分。 通常の鼻血はキーゼルバッハ部位が切れた鼻血です。 この普通の鼻血なら5分~10分で止血可能。 スポ …

LDLコレステロールが多い人は心筋梗塞と脳梗塞になりやすい

心筋梗塞と脳梗塞を防ぐ3つのこと。 1.血管を詰まらせない これが一番大事 2.詳しい検査をする プラークを作らない。 血管に血栓を泳がせない。 スポンサードリンク 3.血液検査をする LDLコレステ …

血液検査で大腸がんを病院でリスク判定、AIがん発見技術いつから?

血液検査で大腸がん見つかる病院へAIがん発見診断いつから?

血液検査では0.01ミリのがんを見つけることができます。 しかも50マイクロリットル(20分の1ミリリットル)の血液でステージ0のがんが発見! 検便がイヤで検査を受けてない人は、血液検査を受ければいい …

重度の脳梗塞予防には心房細動に気づくこと!自己診断方法

重度の脳梗塞予防には心房細動に気づくこと!自己診断方法

脳梗塞が軽度になる人と重度になる人とは基本的にメカニズムが違います。 軽度の血栓の直径はおよそ2~6mm。 重度の血栓の直径はおよそ3センチ。 軽~中程度の一年の生存率は80% 重度になると一年の生存 …