100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

血液 脂肪 コレステロール

脂質異常症と動脈硬化になりやすい人はこの血液数値に注意

動脈硬化になりやすい人

・脂質異常症
・高血圧
・高血糖
・喫煙者、受動喫煙
・メタボリックシンドローム(メタボ)
・慢性腎臓病
・高尿酸血症(こうにょうさんけつしょう)
・睡眠時無呼吸症候群
・加齢
・男性

血液検査で自分の数値を把握しておきましょう。


自分が脂質異常症かを知る方法

コレステロール値と中性脂肪の数値を血液検査で調べる。

コレステロール はLDLコレステロール (悪玉)とHDLコレステロール (善玉)の数値が分かります。

コレステロール値の異常値

LDLコレステロール (悪玉)140mg/dL以上は脂質異常症。

HDLコレステロール (善玉)40mg/dL未満、90mg/dL以上は脂質異常症。

中性脂肪は150mg/dL以上は中性脂肪が多すぎ。

コレステロール値の基準値

LDLコレステロール (悪玉)70〜139mg/dL

HDLコレステロール (善玉)40mg/dL未満、90mg/dL以上は脂質異常症。

男性 40〜86mg/dL
女性 40〜96mg/dL
中性脂肪 50〜149mg/dL

冠動脈疾患発症予測ツール

色々な数値を入力して、狭心症や心筋梗塞の発症確率を自動的に計算してくれるツール。

詳しくは「日本動脈硬化学会」のホームページまで。

年齢、性別、脂質、血圧、血糖値の数値があればOK。
以下が動脈硬化を進行させる(脂質異常症以外)

加齢が最大の危険因子

加齢に伴って動脈硬化は少しずつ進んでいきます。
これを知っているだけでもだいぶ違います。

男性の場合

男性は、動脈硬化の起こるリスクが高く、女性の約3倍心筋梗塞が起こりやすいといわれています。

スポンサードリンク

女性の場合

女性の場合は、女性ホルモンがLDLコレステロール値の上昇を抑えています。

しかし、閉経後はLDLコレステロール値が上がり、動脈硬化が進む可能性があります。

高血圧・高血糖・糖尿病

高血圧は血管の壁が強く圧迫される状態が続くため、血管が傷つきやすくなり、プラークが破りやすくなります。

血糖値が以前より高くなってきている人は注意してください。

糖尿病で血糖値の高い状態が続くと、血液中のLDLにブドウ糖が結合して変性し、血管の壁に侵入しやすくなる。

糖尿病とは診断されていない予備軍の段階でも、動脈硬化が進むことがあります。

メタボリックシンドローム

LDLコレステロール値が高くメタボである人は、動脈硬化のリスクが高いので注意。

メタボにおける脂質異常とは、HDLコレステロール の低下と中性脂肪の増加のみをさします。

LDLコレステロールとは分けて考えます。

メタボじゃなくてもLDLコレステロール値が高い人は動脈硬化になりやすい。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が一時的に止まる病気で、動脈硬化が進行しやすくなるといわれています。

喫煙

タバコは動脈硬化に伴う狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの発症リスクを上げます。

受動喫煙でも発症リスクは上がります。
煙が出ない新型タバコもリスクが上がります。

慢性腎臓病

慢性腎臓病は糖尿病や高血圧がなどが背景にあって、腎臓の働きが低下する病気です。

進行すると透析療法が必要になるだけでなく、動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなります。

高尿酸血症(こうにょうさんけつしょう)

高尿酸血症は血液中の尿酸の量が過剰に増える病気で痛風発作を引き起こします。

高尿酸血症も動脈硬化の危険因子になると考えられています。

スポンサードリンク

-血液, 脂肪, コレステロール
-, , ,

執筆者:

関連記事

中性脂肪が増えすぎると、酸化悪玉コレステロールに変化

中性脂肪が増えすぎると酸化悪玉コレステロールに変化

悪玉コレステロールが多いのはダメ。 善玉コレステロールが少ないのもダメ。 そして、もう1つ注意しなければならないことがあります。 それは、中性脂肪を増やさないこと。 スポンサードリンク 中性脂肪が増え …

夏血栓予防にはキュウリを食べてシトルリンを摂取

夏血栓予防にはキュウリを食べてシトルリンを摂取

夏血栓とは夏特有の環境で血栓(血の塊)を作ってしまうこと。 気温32度以上は特に注意で脳梗塞の死亡率が増加。 血栓は脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を引き起こします。 スポンサードリンク 夏に普段している …

LDLコレステロールが多い人は心筋梗塞と脳梗塞になりやすい

心筋梗塞と脳梗塞を防ぐ3つのこと。 1.血管を詰まらせない これが一番大事 2.詳しい検査をする プラークを作らない。 血管に血栓を泳がせない。 スポンサードリンク 3.血液検査をする LDLコレステ …

酵素とビタミンBが摂取できる飲み物は甘酒で抜け毛も予防できる

酵素とビタミンBが摂取できる飲み物は甘酒で抜け毛も予防できる

酵素は代謝を高めて血行を促進します。 食べ物の消化や吸収も助ける。 ビタミンB群は糖や脂質の代謝を促します。 疲れを取りやすくする。 抜け毛の予防にはホルモンの合成が欠かせません。 スポンサードリンク …

カルシウムパラドックスとは?血管の老化は瓶の蓋が開けられない人

カルシウムパラドックスとは?血管の老化は瓶の蓋が開けられない人

血液は人間が生きていく上で大事なもの。 その血液を流す管である血管も劣化しないようにしなければなりません。 スポンサードリンク 生活習慣や食べ物で血液も血管も大きく変わります。 長い間、血液と血管はキ …