100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

血液 食べ物 コレステロール

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

動脈硬化の食事対策はコレステロールが増えない食事を心がける。

毎日の食生活がその後の体を作ります。

・食べすぎてはいけない食品
・食べて方がいい食品

とは一体なんでしょうか?
1日に摂取した方が良い食品の目安量と1日に摂取する飽和脂肪酸の限界量は?


コレステロールや中性脂肪の値を上げる食品

・卵
・市販の揚げ物
・市販のお菓子類
・脂身の多い肉
・動物性の脂
・乳製品
・食塩 1日6グラム未満
・ビール 1日大瓶1本まで
・日本酒 1合

飽和脂肪酸の多い食品

飽和脂肪酸の多い食品を摂取しすぎると、LDLコレステロールが増えてしまいます。
ということは、逆に摂る量を減らすとLDLコレステロールは減る。

飽和脂肪酸とは何なのか?

水素で飽和されている脂肪酸のことを言いますが、難しすぎてよく分かりませんね。
だから、飽和脂肪酸が多い食品を知ればいいのです。

<飽和脂肪酸の多い食品>

脂身の多い肉・・・牛バラ肉、豚バラ肉、鶏肉の皮
加工肉・・・ベーコン
乳製品・・・ラード、牛乳、ヨーグルト

乳製品はタンパク質やカルシウムが多いので、食べ過ぎなければOK。
1日に牛乳150ML程度、ヨーグルトは150グラム程度。

<飽和脂肪酸の多い食品>

レバー、イクラ、ウナギ、煮干し。
トランス脂肪酸・・・マーガリン、ショートニング

1日に摂取する飽和脂肪酸の量は?

1日に摂る総エネルギー量の7%未満。
1800キロカロリーの場合14グラム未満。

食べ過ぎ注意。

スポンサードリンク

LDLコレステロール値が高い人は、1日に摂るコレステロールを200mg未満に抑える。

どうやって食品からコレステロールを測ればいいの?と思いますけどね。

卵はコレステロールが多く含まれています。

卵1個には約210グラムのコレステロールが含まれている。
白身には含まれていませんが、黄身にコレステロールが含まれています。

食べた方が良い食材

・青背の魚(1日に80グラム程度)
・野菜(1日に緑黄色野菜150グラム、淡色野菜200グラムの計350グラムが目安)
・玄米
・麦
・パンは全粒粉
・大豆(納豆1日40g程度)
・大豆製品(豆腐1日100g程度)

以下を1日合計50グラム程度
・きのこ
・海藻
・果物(柑橘系を1日100g〜200g程度)

食物繊維が豊富な食品にはコレステロールの吸収や血糖値の急上昇を抑える。

野菜を食べるときはドレッシングに注意。マヨラーは気をつけてくださいね。

n-3系多価不飽和脂肪酸、1日の目安

n-3系多価不飽和脂肪酸とは?

難しいので知る必要はありません。

・EPA
・DHA

以上は魚の脂に多く含まれている。

聞いたことがあるかも知れませんね。
サバ缶もブームになりました。

汁は捨てないで使ってくださいね。

特にサンマやイワシに含まれています。
1日に80グラム程度を目安。

スポンサードリンク

-血液, 食べ物, コレステロール
-, ,

執筆者:

関連記事

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆は血栓を溶かす働きがあり、長生きフードとして愛されています。 私も毎日かかさず納豆を食べます。 スポンサードリンク 納豆にはナットウキナーゼという納豆にしか存在しない栄養素があります。 ナットウキ …

魚と肉を食べて血管を若返らせる方法

魚と肉を食べて血管を若返らせる方法

魚 EPA・・・血栓の発生を予防。 中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす。血管を柔らかくする。 スポンサードリンク DHA・・・記憶力の向上。認知症の予防。 魚に含まれるマグネシウムやカリウムは血圧を …

老化を遅らせる方法は体を糖化させないことで食べ物が重要

老化を遅らせる方法は体を糖化させないことで食べ物が重要

老化のスピードは人によって違います。 遺伝もありますし、生活習慣で大きく変わります。 自分の遺伝子を今から書き換えることはできるのかは知りません。 スポンサードリンク 生活習慣は変えることはできますよ …

病気や薬が原因の鼻血と5分で止血するキーゼルバッハ部位

病気や薬が原因の鼻血と5分で止血するキーゼルバッハ部位

キーゼルバッハ部位とは、鼻腔入り口(鼻の穴)から1cmくらい奥にある血管がたくさん集まっている部分。 通常の鼻血はキーゼルバッハ部位が切れた鼻血です。 この普通の鼻血なら5分~10分で止血可能。 スポ …

太るのを気にして1食抜くとインスリンが大量分泌

太るのを気にして1食抜くとインスリンが大量分泌

太るのを気にして1食抜くのは非常識。 1食抜く生活を繰り返すと、体は危険を察知して防御本能として太るように働きます。 1食抜くと次の食事でインスリンが大量分泌しやすくなりますよ。 そして、ブドウ糖を使 …