100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

食べ物

昭和50年の日本食メニューでアンチエイジング100歳まで生きるぞ!

日本は飽食の時代に入っています。
飢えることはありません。

しかし、食べ過ぎによるカロリー摂取の増加で糖尿病、がん、認知症の人が増加。

昭和50年代の日本食が一番バランスがとれた食事なんです。
その理由とは?

そして、昭和50年はどんな食事のメニューだったのか?
コンビニでも再現できるのか食べ物を探してみました。


昭和50年代の日本食がなぜ良いのか?

昭和50年の日本食の素晴らしいところは、栄養バランスがとても優れているところです。

一汁一菜の粗食でもなく、現在のような偏った洋食でもありません。
少しだけ欧米化した食事。

昔はラッパを吹きながら豆腐を売りに来る人もいました。
八百屋があり、野菜も無農薬でも販売していました。

お味噌汁を毎日飲み、納豆などの大豆製品も今より食べていました。

ファストフードも少ない。
お菓子は和菓子が多く洋菓子やジャンクフードも少ない。

昭和50年代の食事の特徴は、食材が多いこと。
少しずつ、たくさんの食材を食べることで、内臓にかかるストレスが少なくなります。

マウスを使った実験でも、昭和35年、昭和50年、平成2年(1990年)、平成17年の食事を再現して4週間与えたマウスが最も代謝が活発
で、内臓脂肪が少ないことがわかりました。

このことから、昭和50年食は代謝を良くし、肥満を抑える効果があるといえます」

薄毛予防や約2倍老化速度が遅い

平成17年食を与えたマウスは、昭和50年食を与えたマウスに比べて、明らかに被毛が劣化している。

毛髪は主にタンパク質でできています。

特に育毛効果があるといわれる豆類などの植物性タンパク質を多く取る昭和50年食が薄毛予防になっているらしい。

被毛と皮膚を総合すると、昭和50年食は平成17年食に比べて、約2倍老化速度が遅いことが分かりました。
老化が遅くなるということは、当然、寿命も延びるということ。

実験ではマウスの平均寿命が、平成17年食群で49.0週齢だったのに対し、昭和50年食群では58.7週齢。
およそ2割延びました。

スポンサードリンク

これを人間に当てはめると、日本人の平均寿命が約10歳まで延びる計算。

実験で肝がんを発症したマウスは、平成17年食群で80%だったのに対し、昭和50年食群は20%でした。
4分の1に抑えられています。

糖尿病の発生リスクも大きく下げています。
糖尿病のかかりやすさを示すインスリン抵抗性指標が、平成17年食群に対して、昭和50年食群は約5分の1でした。

認知症の発生リスクも4分の1になりました。

サプリを飲むのもいいですが、食事を変えるだけで健康になるのはいいですね。

昭和50年の日本食のポイントと食事のメニュー

<ポイント>

①豆類(豆腐、納豆なども含む)を多く取る
②魚を毎日食べている
(肉は1日おきか、3日に1度の割合)
③卵を1日に1、2個食べている
④みそ汁を1日に2杯飲んでいる
⑤海藻やキノコ類を多く取っている
⑥デザートに果物を食べている
⑦野菜も魚も煮物が多い

<メニュー>

【朝食】
ご飯、白菜とモヤシのみそ汁、サケの塩焼き、納豆

【昼食】
きつねうどん、果物

【夜食】ご飯、クリームシチュー、白菜と干しエビのおひたし、キュウリとヒジキのあえ物

コンビニ商品で昭和50年メシを再現

【朝】

・サラダ
・おにぎり
・厚焼き卵
・みそ汁

基本は、ご飯とみそ汁。
そこに卵製品の厚焼きとサラダを加えれば完璧。

みそ汁を豚汁に代えれば具だくさんになるので、あとはゆで卵のみでも可。

【昼】

・麺
・豆乳
・果物

麺を食べるなら、できるだけ具の多いものを選びたい。

そして、豆製品の豆乳をつけて、食後のデザートに果物を。
バナナの代わりにミカンでもOK。

【夜】

・ごはん(ひとめぼれ)
・高野豆腐
・焼き魚(さばの塩焼き)
(3日に1度は肉類もOK)
・豚汁

最近のコンビニは焼き魚や煮魚が充実しているので昭和50年食をそろえやすい。

3日に一度は魚の代わりにハンバーグなどの肉製品を。
「直火焼仕上げの和風ハンバーグ」

スポンサードリンク

-食べ物
-, ,

執筆者:

関連記事

脂肪肝を改善する運動と食事で数値を下げる方法

脂肪肝を改善する運動と食事で数値を下げる方法

脂肪肝シリーズ、今回は最終回の第3弾。 第1弾は脂肪肝とは? 第2弾は脂肪肝の検査方法でした。 最終回の第3弾は脂肪肝の改善と予防になります。 結論は食べる量を減らして、運動すれば解決します。 スポン …

乾燥米こうじのレシピを覚えて酵素を得る

乾燥米こうじのレシピを覚えて酵素を得る

米こうじを使った食べ物を毎日食べるようにしています。 理由は酵素を摂取し病気にならないため。 スポンサードリンク 米麹は価格が安い健康食品。 調理には時間がかかりますが、お金がかからない美容法だったり …

耳たぶで動脈硬化が分かるチェック法と脳の血管鼻つまみセルフ

耳たぶで動脈硬化が分かるチェック法と脳の血管鼻つまみセルフ

動脈硬化は耳を見るだけで、チェックすることができます。 普通の人は耳たぶにシワがない。とは言い切れませんが、ない、少ない。 スポンサードリンク 動脈硬化の人は耳たぶにシワがあるんです。 片耳にシワがあ …

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

動脈硬化の食事対策はコレステロールが増えない食事を心がける。 毎日の食生活がその後の体を作ります。 ・食べすぎてはいけない食品 ・食べて方がいい食品 スポンサードリンク とは一体なんでしょうか? 1日 …

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆の正しい食べ方講座 トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆は血栓を溶かす働きがあり、長生きフードとして愛されています。 私も毎日かかさず納豆を食べます。 スポンサードリンク 納豆にはナットウキナーゼという納豆にしか存在しない栄養素があります。 ナットウキ …