100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

風邪

風邪予防で大事な手洗い、うがい、熱冷まし、ハンドソープ

正しい手洗い、正しいうがいの方法、熱冷ましについて書いています。
高熱を冷ますこの方法は初めて知りました。有名なのかな?

興味ないとは思いますけど、私が使っているハンドソープの情報もあります。
手洗いは今まで間違えてやってましたが、これからはこの方法で風邪菌を体に中に入れません。


普通に石鹸で手を洗うはダメ

普通の手洗いは、手を濡らして、石鹸またはハンドソープで泡立てて洗う。
私もこの方法で手を洗っていました。

しかし、ウイルスはシワに潜んでいる場合があります。
手のシワに潜んでいるウイルスが、口の中に入ったら手洗いの意味なし。

空気が乾燥している秋から冬、春にかけては注意しましょう。
インフルエンザが毎年流行りますからね。

手洗いの正しい方法

・手のひらを精一杯広げてシワを伸ばして洗う
・手首と手首のシワも伸ばして洗う

爪の間、指の間、シワの間を洗う。

お家から帰って来たら、手洗いうがいは充分にする。
でも、家に帰ったら早くゆったりしたいんですよね~。

続いては正しいうがいの方法をご紹介します。

いきなりうがい

いきなりうがいはダメ

これも普通なら、お家に帰ってきて、水を口に含んでうがい。
でも、これはダメな方法。うがいしないよりマシですが。

ダメな理由は?

もともと口の中にいたウイルスが喉の奥に入ってしまう。
ウイルスは体内から出さないといけません。

スポンサードリンク

正しいうがいの方法

・最初に口の中のウイルスを洗い流す
(ブクブクうがい)
・ノドのついたウイルスをガラガラうがいする
・左右に首を傾けてガラガラうがいをする
(のどの両端にいたウイルスを洗い流す)
・最後にブクブクうがいをもう1回します。

うがいの長さは20秒がいいですね。
あまり長いと疲れるし、短いとウイルスをかき出せない。

高熱が出たらおでこを冷やす

これも普通は熱が出たらおでこを冷やします。
この方法、脳を冷やすにはいいけど、高熱を下げるには非効率。

おでこを冷やすはダメ。

体温の上昇は38.5℃が目安
これ以上高くなる場合は危険な状態。

高熱を冷ます方法

38.5℃を超えたら「おへそ」を冷やす。

おへその下に1番太い血管「大動脈」が流れているので熱が冷めやすい。
効率よく体温を下げることができる。

・ペットボトルの水を凍らせて、タオルに巻き5~10分おへそに置く。
お腹が弱い人は脇の下、首、ソケイ部になってしまいます。

売れてるハンドソープ

・キレイキレイ

私もキレイキレイを使って手洗いしています。
最初は本体ポンプを買えば、あとは詰め替え用を買うだけ。

でも、本体は1年に1回は替えています。
ポンプの部分を汚い手で触ってしまうことがあり、洗ったり拭いたりするのを忘れてしまうから。

ハンドソープ他には?

・ビオレU
・ファーマアクト 薬用泡ハンドソープ
・カウブランド 無添加泡のハンドソープ
・リーフ&ボタニクス ハンドソープ

など。

ハンドソープではないけど、「パストリーゼ77」もあるといいと思います。
液体除菌剤みないなもの。

スポンサードリンク

-風邪
-, ,

執筆者:

関連記事

肺炎のメカニズムと予防法と初期症状を知る方法

肺炎のメカニズムと予防法と初期症状を知る方法

何歳から高齢者と言っていいのか分かりませんが、60歳を超えると体の機能は確実に低下していると思います。 高齢になると、肺炎で亡くなる方が非常に多い印象。 誤嚥性肺炎という病名もよく聞くようになりました …

非接触式赤外線体温計をfedickで購入レビュー(フェディック)

非接触式赤外線体温計をfedickで購入レビュー(フェディック)

楽天お買い物マラソンがあったので、非接触式温度計を買ってみました。 fedick(フェディック)の非接触式温度計。 体温測定に使うためです。 スポンサードリンク 種類はいろいろありましたが、値段が安い …