100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

人間ドック

すい臓がんを低予算で早期発見する検査とサイン

すい臓がんは5年相対生存率がなんと7.7%と最難関のガンなんです。

膵臓はお腹の中でも最も奥にある臓器。
なので、検査は難しいとのこと。

超早期(1センチ以下)の発見率は0.8%とものすごく低い。
1000人いて8人。

超早期(1センチ以下)でガンが見つかると、5年相対生存率が80.4%と一気に生存率が高まります。

しかし、ある検査が人々の命を救うことに。
その意外な身近な検査とは?

エコー検査です。
すい臓がんをエコーで検査早期発見。
メリットは金額が安く痛くないし怖くない。

すい臓がんは自覚症状では気付きにくい。
では、エコー検査を受けるべき人はどんな人?


広島県尾道市のすい臓をエコーで早期発見する病院

もし、病院で検査したいなら広島県尾道市がいいんです。
なぜなら、超早期発見率が7倍以上だから。

・済生会呉病院
内科 神垣 充宏 医師

・正岡クリニック
正岡 智子 医師

・壇上医院
壇上 典江

・大谷垣医院
太田垣 博文 医師

・JA尾道総合病院
消化器内科 花田 敬士 医師

エコーは触診補助としての最強マシーン。
ただし、1センチ以下の癌を見つけるのは難しい。

どうしてもガンを見つけたい人はMRI、CT、PETにしてください。
ただ1回の料金が高い。PETは3万円と考えています。

では、どうやってすい臓がんを早期発見したか?

大阪国際がんセンター 田中幸子 医師
大阪国際がんセンター 消火器検診科 井岡 達也

早期発見のサインを突き止めました。

すい臓がんのサイン

スポンサードリンク

すい臓がんを低予算で早期発見するにはこの検査だった

すいのう胞

主すい管とすいのう胞
サインがある人は経過を見ることが必要。
定期的な検査が早期発見を可能にする。

両方のサインがある50歳〜80歳の人で、すい臓がんを発症する確率は30年間で3割。

MRI、PET、CTは料金が高い。
エコーだと料金が安く安全。

精密検査の入り口に使う。

エコー検査を受けるべき人はどんな人?

2つ以上該当する人は検査を受けてみましょう。

・家族にすい臓がん経験者がいる
50歳以下で経験者がいる場合はさらにリスクが高いと言われています。

・慢性膵炎
診断から4年以内はリスクが高まるといわれています。

・糖尿病
診断されてから2年以内は危険性が高い。

・飲酒
毎日、晩酌する人は要注意。
1日缶ビール(350ML)3本以上飲む人は危険性あり。

・喫煙

 

すい臓がんの自覚症状

すい臓がんの自覚症状は他の病気と似ているため、見過ごされがち。
症状が全てではありませんが、早期発見のきっかけになる場合も。

・みぞおち辺りの軽い痛み
・背中の痛み
・肩甲骨の下から腰の上が痛い
・急な血糖値の上昇
・油が浮いたような下痢

気になることがあれば検査に行きましょう。
とにかく早期発見。

スポンサードリンク

-人間ドック
-, , ,

執筆者:

関連記事

検便で痔の場合に血がついて便潜血検査で陽性になる確率

検便で痔の場合に血がついて便潜血検査で陽性になる確率

大腸がんの検査は最初に便潜血検査(べんせんけつけんさ)をします。 この検査は検便して血が混ざっているかを調べるもの。 スポンサードリンク 陽性が出たら、精密検査で大腸内視鏡検査をします。 痔の場合、大 …

血液検査で大腸がんを病院でリスク判定、AIがん発見技術いつから?

血液検査で大腸がん見つかる病院へAIがん発見診断いつから?

血液検査では0.01ミリのがんを見つけることができます。 しかも50マイクロリットル(20分の1ミリリットル)の血液でステージ0のがんが発見! 検便がイヤで検査を受けてない人は、血液検査を受ければいい …

カテーテル

動脈硬化か検査する種類は進行具合で体外か体内を選ぶ

動脈硬化か予備軍かを調べるには、大きく分かれて2つの検査があります。 健康診断と医療機関の検査。 調べ方も2つの種類があります。 体外検査と体内検査。 スポンサードリンク そして、動脈硬化の初期と危険 …

スマートウォッチ「h2」を買ったのでレビュー

スマートウォッチ「h2」を買ったのでレビュー

自分の体の色々な数値を知るためにスマートウォッチを買うことにしました。 本当はAppleWatchが欲しいのですが、とりあえず値段が安いスマートウォッチで我慢。 スポンサードリンク 「h2」というスマ …

がん検診と特定健診の内容と費用

がん検診と特定健診の内容と費用

毎年スルーしていた健康診断を受けることにしました。 なんか怖いし、面倒くさいので行かなかったんです。 でも最近、病気は早期発見が一番良いと思い始めました。 スポンサードリンク 一番最初に勇気を出すのが …