100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

人間ドック

乳がん検診で痛くないマイクロ波マンモグラフィーで早期発見

マイクロ波マンモグラフィーは微弱電波で乳がんを検診します。
特徴は痛みや見落としがないこと。

乳がんの健診率が40%と低いのはマンモグラフィー健診が痛かったから。
しかし、マイクロ波マンモグラフィーにより、乳がん健診率がアップして、助かる命が増えるということ。

日本人女性の11人に1人が乳がんを発症。
検査で早期発見をして、早めの治療をして100歳まで生きる!

マイクロ波マンモグラフィーはいつから?病院はどこか?


マイクロ波マンモグラフィーの特徴と費用

・痛くない
・見落としがない
・電波も安心(X線ではなく微弱な電波を使用)
・検査が簡単(特殊な技術がいらない)

費用は数千円。

検査方法と時間

胸にシールを貼り、シールに(メモリが)書かれた線に沿ってマイクロ波を放つ機器で31回なぞるだけ。

検査時間は約10分。

従来の胸を挟む方法とは違い痛みはない。
検診の結果を3D画像で表示して、がんの形、大きさ、位置を見る。

精度も高く0.5ミリのがんまで検出可能。

画像もほぼリアルタイムで分かる。
今までの機械のデメリットを解消。

検診の感想

健診を受けた女性
「何も感じない。心地よく寝てしまいそうになった」

微弱電波で乳がん検診

マイクロ波マンモグラフィーは痛くないマンモグラフィー。
体の負担が軽減されるのは嬉しい。

スポンサードリンク

開発したのは神戸大学の木村建次郎教授。

「高濃度乳房は、従来のマンモグラフィーだと、どこにがんがあるか分からない」
「マイクロ波はがんを見るという意味でも、パーフェクトな波動と考えることができる」
「この検査は乳がんと甲状腺がんにしか使えない」

木村 建次郎さん。
神戸大学 数理・データサイエンスセンター教授。

「モノの中を見る」最先端の法則システムを開発。
理論研究から実用化まで一貫して行う。

すごいものを作ってくれました。
ありがとうございます。

マイクロ波マンモ臨床研究協力病院

マイクロ波マンモグラフィーは、臨床研究の被験者として受けることができる。
まだ一般の診療ではありません。

臨床研究に参加しているクリニック

・岡本クリニック(兵庫県神戸市中央区)
・神鋼記念病院
・兵庫県立がんセンター
・神戸大学医学部付属病院

マイクロ波マンモグラフィーの実用化はいつ?

Q.医療現場の導入はいつ頃になりますか?
A.3年後程度(2019年1月現在で)

臨床研究から実用化へ

臨床研究 人を対象として行われる医学研究

治験 国の承認を得て医療に用いられるために実施されること

実用化
料金は?
健康診断は保険が適用されないので数千円で自己負担。

病院で何らかの異常が見つかり検査するときは保険適用。
基本、乳がん検診は自己負担。

スポンサードリンク

-人間ドック
-

執筆者:

関連記事

検便で痔の場合に血がついて便潜血検査で陽性になる確率

検便で痔の場合に血がついて便潜血検査で陽性になる確率

大腸がんの検査は最初に便潜血検査(べんせんけつけんさ)をします。 この検査は検便して血が混ざっているかを調べるもの。 スポンサードリンク 陽性が出たら、精密検査で大腸内視鏡検査をします。 痔の場合、大 …

血液検査で大腸がんを病院でリスク判定、AIがん発見技術いつから?

血液検査で大腸がん見つかる病院へAIがん発見診断いつから?

血液検査では0.01ミリのがんを見つけることができます。 しかも50マイクロリットル(20分の1ミリリットル)の血液でステージ0のがんが発見! 検便がイヤで検査を受けてない人は、血液検査を受ければいい …

カテーテル

動脈硬化か検査する種類は進行具合で体外か体内を選ぶ

動脈硬化か予備軍かを調べるには、大きく分かれて2つの検査があります。 健康診断と医療機関の検査。 調べ方も2つの種類があります。 体外検査と体内検査。 スポンサードリンク そして、動脈硬化の初期と危険 …

ロンハーで健康診断、芸人たちが人間ドックを体験2018

ロンハーで健康診断、芸人たちが人間ドックを病院体験

ロンドンハーツで多忙な売れっ子芸人たちを健康診断2018。 人間ドックをした病院はイムス東京葛飾総合病院です。 <メンバー> 名前、年齢、体重 スポンサードリンク ・田村淳(44)62.7キロ ・田村 …

がん検診と特定健診の内容と費用

がん検診と特定健診の内容と費用

毎年スルーしていた健康診断を受けることにしました。 なんか怖いし、面倒くさいので行かなかったんです。 でも最近、病気は早期発見が一番良いと思い始めました。 スポンサードリンク 一番最初に勇気を出すのが …