100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

食べ物 ダイエット 筋肉

血糖値が急上昇の食品GI値と糖質が抵い食べ物でインスリン分泌を調整

食品のGI値が高ければ高いほど血糖値は上昇します。

一番やってはいけない行為は、長い空腹からのGI値が高い食品を食べること。
血糖値の急上昇によって血糖値スパイクを引き起こします。

そして、健康的に筋肉をつけるためや、ダイエットに失敗しないためにも、GI値が高い食品は知っておいたほうが良いのです。

GI値が高い食品とは糖質が多い食材のこと。
ということは、糖尿病になりやすい食べ物といえますね。

なるべく糖質が抵い食品を食べて、健康的に筋肉をつけ、糖尿病予防したいと思いました。


GI値が高い食品

食品          GI値
上白糖       109
食パン       91
チョコレート      91
じゃがいも         90
精白米       84
うどん(生)      80
にんじん            80
トウモロコシ      70
パイナップル      65
かぼちゃ(西洋)65

糖質が高いものは最後ほうに食べましょう。

ダイエット・糖質制限に必携! 食品別糖質量ハンドブックという本もあります。

 

GI値が抵い食品

食品           GI値
しょうゆ(濃いロ)11
ほうれん草          15
生わかめ             16
レタス      23
こんにやく    24
ダイコン             26
しいたけ(生)  28
グレープフルーツ 31
納豆       33
玄米           56

食事のときは糖質が低い食べ物から食べていきましょう。

ライザップ糖質量ハンドブックという本もあります。

スポンサードリンク

 

血糖値急上昇を防ぐ食べ方

血糖値急上昇を防ぐ食べ方は、食事の回数を増やして空腹時間を減らすことです。

食事の間隔があくと、空腹時間が長くなり、体はエネルギー不足となって血糖値が下がります。

空腹時間が長い状態で食事をするとどうなるのか?

血糖値は急上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。
そうならないために、1日3食よりも5食に分けて空腹時間を短くする。

栄養バランスがよい3食に加え、空腹を抑える程度の補食2回をプラスする。
すると、血糖値が安定します。

もちろん、5回の食事で総摂取カロリーが高くなってはいけません。

インスリンが分泌されると、体脂肪の燃焼を抑制する働きを起こしてしまいます。
なので、ダイエットのときは、血糖値が急上昇をしないようにしてください。

糖質オフ大全科という本もあります。

 

筋トレしてる人の1日の水分

水分は、体重60kgの人なら1日3Lの補給が目安です。
(食事と体内生成の水も含めて)

水分には代謝を高める役割があり、摂取したタンパク質を筋肉に変える手助けもします。

冷たいお水よりも常温のお水。
水は一気に飲むのではなく、ゆっくり飲むことをオススメします。

 

筋肉をつくるバランスのとれた食事

実は昔ながらの和食は、良質な筋肉をつくるバランスのとれた食事なんです。

ごはんを主食に、タンパク質が摂れる魚や卵などの主菜、ビタミン、ミネラルが摂れる味噌汁などの副菜を揃えることで、栄養バランスが整えやすいのです。

腹持ちも良く、インスリンの発生を招きやすい極端な空腹にもなりにくいですよ。

 

スポンサードリンク

-食べ物, ダイエット, 筋肉
-, , ,

執筆者:

関連記事

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆は血栓を溶かす働きがあり、長生きフードとして愛されています。 私も毎日かかさず納豆を食べます。 スポンサードリンク 納豆にはナットウキナーゼという納豆にしか存在しない栄養素があります。 ナットウキ …

昭和50年の日本食メニューでアンチエイジング100歳まで生きるぞ!

昭和50年の日本食メニューでアンチエイジング100歳まで生きるぞ!

日本は飽食の時代に入っています。 飢えることはありません。 しかし、食べ過ぎによるカロリー摂取の増加で糖尿病、がん、認知症の人が増加。 スポンサードリンク 昭和50年代の日本食が一番バランスがとれた食 …

心筋梗塞や脳梗塞からの突然死を予防する知識

心筋梗塞や脳梗塞からの突然死を予防する知識

突然死から身を守るには知識が必要。 今すぐ知りたい方はまとめを読んでください。 心筋梗塞による心不全で急死する話をよく聞きます。 脳梗塞の後遺症で体が動かなくなった話も耳にすることが増えました。 スポ …

頻尿予防する野菜、ノコギリヤシ、骨折予防の食べ物は枝豆

頻尿予防する野菜、ノコギリヤシ、骨折予防の食べ物は枝豆

頻尿と骨折はお年寄り・高齢者に多いです。 若いうちから、対策を練っておけばいいのです。 年を取ってからでは遅すぎるので、年齢関係なく対策はしておきましょう! スポンサードリンク と、自分に言い聞かせて …

血管しなやか動脈硬化対策の運動特集はインターバル速歩など

血管しなやか動脈硬化対策の運動特集はインターバル速歩など

動脈硬化対策の運動は何をすればいい? 運動は脂質異常症、高血圧、高血糖、メタボリックシンドロームの全てに効果があります。 スポンサードリンク 主に血管をしなやかにする。 有酸素運動が効果的。 *ただし …