100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

脂肪

中性脂肪を下げるには?食べ物で善玉アップして悪玉ダウンさせる

コレステロール値を上げる3つの「あ」があります。

1.アルコール
2.甘いもの
3.脂っこいもの

実は最新の研究によると、健康な人であればコレステロールが多い食べ物を食べても、肝臓の働きにより、血液中のコレステロール量は増えないということは分かってきました。

ただこれは健常者であって、コレステロールが高い人は制限しなければいけません。
中性脂肪を下げる方法と善玉コレステロール・悪玉コレステロールを食べ物でコントロールする方法をご紹介します。


中性脂肪と善玉コレステロールの関係を知る

中性脂肪と善玉コレステロールはシーソーの関係になっていて、中性脂肪が高くなると、善玉コレステロールが下がってしまう。

コレステロールが動脈硬化の主役で中性脂肪がそれをアシストしている。
だから、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすことが大事。

善玉コレステロールを増やす食べ物

亜麻仁油は善玉コレステロール値を上げる効果が期待できる。
アマニ油に多く含まれるオメガ3が中性脂肪を下げる働きがある。

1日に摂ると良いとされるオメガ3の目標量はおよそ5グラム。
大さじ1杯程度。

善玉コレステロールを増やす食べ物はトマトと大豆製品です。

悪玉菌を減らす海苔と杜仲茶

最新の研究からわかった悪玉菌を減らす2大食材。

その一つは海苔
海苔の中に非常に良い成分があります。その成分はまだ学会では発表されていません。

海苔を食べることで、胆汁酸をたくさん排出することができるので悪玉コレステロールを減らすことができる。
どんどん胆汁酸を排出すれば血中のコレステロールがどんどん下がってくる。

食物繊維も豊富。ビタミンA、ビタミンB群。抗酸化作用があるビタミンE。
カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄も豊富。手軽な食材です。

海苔の食べ方は普通にパリッと食べてもok。
1日に2枚から3枚。

2つ目は杜仲茶
杜仲茶は渋みが少なくほんのり甘さも感じます。

杜仲茶は杜仲という木の葉っぱを取り乾燥させて作るお茶。
中国では杜仲の木の樹皮を煎じて漢方薬としても利用しています。

漢方では樹皮をしていて、血圧を下げる作用やご高齢で虚弱な人の体力補強にもなっています。
日本では杜仲の葉でお茶として飲まれています。

杜仲の葉にはカフェインが入っていませんので、たくさん飲んでも大丈夫ですし、子供飲めます。
脂っこいものを食べた後に飲むといいです。

寝る前に飲んでも大丈夫です。

コレステロールのケアは動脈硬化予防の要

脳血管事故・心臓のトラブル。
その予防の1番大事なものは血圧・血糖・コレステロール

3つのケアが最重要。

生活習慣などが原因で悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと血管の壁に入り込みプラークを作る。

スポンサードリンク

プラークが傷つくとそれを直そうとして血栓ができる。
この血栓が何かの拍子にはがれた場合、脳に飛べば脳梗塞。

心臓に飛べば心筋梗塞と命に関わる病気の原因になります。

そもそもコレステロールとは何なのか?

コレステロールは人間の血液の中にある脂質の一種。
善玉コレステロール、悪玉コレステロールは聞いたことが1度はありますよね。

では、悪玉コレステロールっていうものは一体どんなコレステロールなのか?
悪玉コレステロールは全身に運ばれるコレステロール。

コレステロールが多過ぎると血液の中に入って、動脈硬化を起こしてきます。
心筋梗塞・脳梗塞など命にかかわる重大な病気になる。

悪玉コレステロールは肝臓で作られた後、血管を通じて体全体に運ばれるコレステロール。

そして、運ばれた先で細胞やホルモンの材料となる。
からだにとって大切な役割をしているんですが、多すぎると体に悪いことから悪玉コレステロールと呼ばれる。

善玉コレステロールは低ければ困る

悪玉コレステロールだけを気にして、それが基準値内だと安心している人が多い。

悪玉コレステロールが基準値内、あるいは低めでも命にかかわる重大な病気があることが報告されています。
それは善玉コレステロールのことです。

善玉コレステロールは体の中で余ったコレステロールを回収しているコレステロールです。
でこれが少ないとどうなるか、コレステロールが体の中で溢れ出てしまう。

これは動脈硬化の原因になります。
悪玉コレステロールが基準値内でも安心できないと言うことです。

悪玉コレステロールは肝臓で作られて全身に運ばれ、細胞やホルモンの材料になります。
善玉コレステロールは細胞やホルモンの材料に使われず、余ったために回収されて肝臓に戻る。

善玉コレステロールが少なくても体に悪いんです。
悪玉と善玉のバランスが重要。

コレステロールを見るときは、悪玉と善玉をペアで見なければいけません。
善玉コレステロールは低ければ困るということを覚えておいてください。

善玉コレステロールは低ければ困る

善玉コレステロールを減らすのは糖質です。
米、パン、麺類などに糖質が含まれています。

糖というと甘いものにだけに含まれるイメージですが、お米やパンなどの主食にも糖質はたっぷり。
糖質は体の中で中性脂肪に変わり、中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減る。

善玉コレステロールは低ければ困る

甘いものがやめられない人にアドバイス。

 

どうしても甘いものが食べたいときには、食べる分を立派なお皿に乗せる。
残りは片付けて手の届かないとこに保管する。

1番良いのは誰かに管理してもらう。

 

ココナッツバターもお勧めです。

ココナッツバターをナッツに絡めて食べると甘くて美味しいですよ。
糖質はないんですけど、ココナッツの甘さで満足感があります。

ココナッツの味から作られるココナツバターは、甘みがある割には糖質が少なめ。
ナッツにつけて食べる。満足感があるため小腹の空いたときにいいですよ。

スポンサードリンク

-脂肪
-, , , ,

執筆者:

関連記事

脂質異常症と動脈硬化になりやすい人はこの血液数値に注意

脂質異常症と動脈硬化になりやすい人はこの血液数値に注意

動脈硬化になりやすい人 ・脂質異常症 ・高血圧 ・高血糖 ・喫煙者、受動喫煙 ・メタボリックシンドローム(メタボ) ・慢性腎臓病 ・高尿酸血症(こうにょうさんけつしょう) ・睡眠時無呼吸症候群 ・加齢 …

太るのを気にして1食抜くとインスリンが大量分泌

太るのを気にして1食抜くとインスリンが大量分泌

太るのを気にして1食抜くのは非常識。 1食抜く生活を繰り返すと、体は危険を察知して防御本能として太るように働きます。 1食抜くと次の食事でインスリンが大量分泌しやすくなりますよ。 そして、ブドウ糖を使 …

心筋梗塞や脳梗塞からの突然死を予防する知識

心筋梗塞や脳梗塞からの突然死を予防する知識

突然死から身を守るには知識が必要。 今すぐ知りたい方はまとめを読んでください。 心筋梗塞による心不全で急死する話をよく聞きます。 脳梗塞の後遺症で体が動かなくなった話も耳にすることが増えました。 スポ …

減量で糖質や炭水化物を食べないダイエットは危険だった

減量で糖質や炭水化物を食べないダイエットは危険だった

糖質や炭水化物の摂り過ぎは糖尿病になりやすいので良くありません。 ですが、全然糖質や炭水化物をとらないのは、脳細胞・筋肉・骨・老化が進みます。 スポンサードリンク 肉食に偏ってしまうと、脂質データが悪 …