100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

食べ物 筋肉

顎関節症の治療と予防になるマッサージと口の開け方生活習慣

昔、森高千里さんが顎関節症になり病名が広まりました。
当時は珍しい病気でした。

現在、顎関節症はメジャーな病気です。
解散したV6の長野博さんも顎関節症なり、男性でも顎関節症になります。

顎関節症を治す&予防には「アゴ周りの筋肉の血流を良くすること」です。
その方法と生活習慣で注意すべき点を書きました。


アゴ周りの筋肉の血流を良くするマッサージと体操

<ステップ1>

・あごの付け根の筋肉(咬筋)を8秒マッサージ

咬筋の場所は、下顎の骨を触っていって、エラのところに骨の角があると思います。

えらの角のちょっと上のところ、食いしばると膨らむの分かりますか?
そこが咬筋(こうきん)っていう噛む筋肉です。

<ステップ2>

・こめかみの筋肉(側頭筋)を8秒間マッサージ

側頭筋は、食いしばると膨らむところ。
こめかみのところに側頭筋があります。

<ステップ3>

・上を向いて口を大きく開ける
・5秒間×3回

筋肉をマッサージで整えた後に、上を向いて口をいっぱい開ける。
※首が悪い人は気をつけてください

以上が1セット。
朝晩で1日2セットがおすすめ。

<解説>

口を動かすことで、筋肉の血行が改善。
するとアゴのコリがほぐれる。

さらに、ずれてしまった関節も動かすことで、関節もスムーズに動くようになると考えられています。

スポンサードリンク

口を開けるポイントは上を向くこと。
上を向くと大きく開くため、筋肉がしっかり伸びる

顎関節症の原因になる生活習慣チェック

顎関節症は生活習慣に大きな原因があります。

・固い食物を食べなくなった
・ストレスで歯を食いしばる

特に注意したいことは、パソコンやスマホでニュースサイトやSNSを見ているとき。

無意識に歯や口に力が入っているときがありませんか?
これがアゴ周りの筋肉の血流を悪くしています。

歯がくっつくだけでも弱い力がかかっています。
集中しているときになりがち。

私はテレビやYouTube、ニュースサイトやSNSを見ているとき、上の歯と下の歯がくっついていることが分かりました。

対策としては、口やアゴをリラックスさせて、上の歯と下の歯を離す。
口は閉じていても大丈夫ですよ。

顎関節症のメカニズム仕組み

顎関節症の原因は顎の筋肉の血流の悪さでした。

顎の筋肉の血流が悪くなる原因は、柔らかいものを食べるようになったから。
そして、日々のストレスでの歯の食いしばり。

・アゴの筋肉が凝り固まって、口が開かなくなったり、痛くなる。

・クッション(関節円板)がずれて痛くなったり、カクンという音がする。

解決策は血流が悪い筋肉を血流を良くすること。

困ったらこの病院へいきます

・田口歯科医院

田口望 院長に相談します。

治療法は先生が患者の口の中に手を突っ込んでアゴをグリグリ。
この方法で9割以上の人が治りました。

スポンサードリンク

-食べ物, 筋肉,
-, ,

執筆者:

関連記事

血糖値が急上昇の食品GI値と糖質が抵い食べ物でインスリン分泌を調整

血糖値が急上昇の食品GI値と糖質が抵い食べ物でインスリン分泌を調整

食品のGI値が高ければ高いほど血糖値は上昇します。 一番やってはいけない行為は、長い空腹からのGI値が高い食品を食べること。 血糖値の急上昇によって血糖値スパイクを引き起こします。 そして、健康的に筋 …

善玉コレステロールを増やす散歩と食べ物でLH比を2.0以下へ

善玉コレステロールを増やす散歩と食べ物でLH比を2.0以下へ

悪玉コレステロールを増やさないことは大事。 そして、中性脂肪も減らしましょう。 しかし、善玉コレステロールが少なければ意味がありません。 善玉コレステロールが少ないと、心筋梗塞や脳梗塞になる可能性が高 …

ヘルペシアクリーム

ロ唇へルペスは生涯潜伏、厄介な伝染病の実態

多くの人が感染している可能性大のロ唇へルペス。 軽症の場合は放っておいても治るため、病名を自覚していないケースも多々あります。 スポンサードリンク ポピュラーで厄介な伝染病のロ唇へルペスの実態、セルフ …

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

動脈硬化の食事対策はコレステロールが増えない食事を心がける。 毎日の食生活がその後の体を作ります。 ・食べすぎてはいけない食品 ・食べて方がいい食品 スポンサードリンク とは一体なんでしょうか? 1日 …

減量で糖質や炭水化物を食べないダイエットは危険だった

減量で糖質や炭水化物を食べないダイエットは危険だった

糖質や炭水化物の摂り過ぎは糖尿病になりやすいので良くありません。 ですが、全く糖質や炭水化物をとらないのは、脳細胞・筋肉・骨・老化が進みます。 スポンサードリンク 肉食に偏ってしまうと、脂質データが悪 …