100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

食べ物 筋肉

顎関節症の治療と予防になるマッサージと口の開け方生活習慣

昔、森高千里さんが顎関節症になり病名が広まりました。
当時は珍しい病気でした。

現在、顎関節症はメジャーな病気です。
解散したV6の長野博さんも顎関節症なり、男性でも顎関節症になります。

顎関節症を治す&予防には「アゴ周りの筋肉の血流を良くすること」です。
その方法と生活習慣で注意すべき点を書きました。


アゴ周りの筋肉の血流を良くするマッサージと体操

<ステップ1>

・あごの付け根の筋肉(咬筋)を8秒マッサージ

咬筋の場所は、下顎の骨を触っていって、エラのところに骨の角があると思います。

えらの角のちょっと上のところ、食いしばると膨らむの分かりますか?
そこが咬筋(こうきん)っていう噛む筋肉です。

<ステップ2>

・こめかみの筋肉(側頭筋)を8秒間マッサージ

側頭筋は、食いしばると膨らむところ。
こめかみのところに側頭筋があります。

<ステップ3>

・上を向いて口を大きく開ける
・5秒間×3回

筋肉をマッサージで整えた後に、上を向いて口をいっぱい開ける。
※首が悪い人は気をつけてください

以上が1セット。
朝晩で1日2セットがおすすめ。

<解説>

口を動かすことで、筋肉の血行が改善。
するとアゴのコリがほぐれる。

さらに、ずれてしまった関節も動かすことで、関節もスムーズに動くようになると考えられています。

スポンサードリンク

口を開けるポイントは上を向くこと。
上を向くと大きく開くため、筋肉がしっかり伸びる

顎関節症の原因になる生活習慣チェック

顎関節症は生活習慣に大きな原因があります。

・固い食物を食べなくなった
・ストレスで歯を食いしばる

特に注意したいことは、パソコンやスマホでニュースサイトやSNSを見ているとき。

無意識に歯や口に力が入っているときがありませんか?
これがアゴ周りの筋肉の血流を悪くしています。

歯がくっつくだけでも弱い力がかかっています。
集中しているときになりがち。

私はテレビやYouTube、ニュースサイトやSNSを見ているとき、上の歯と下の歯がくっついていることが分かりました。

対策としては、口やアゴをリラックスさせて、上の歯と下の歯を離す。
口は閉じていても大丈夫ですよ。

顎関節症のメカニズム仕組み

顎関節症の原因は顎の筋肉の血流の悪さでした。

顎の筋肉の血流が悪くなる原因は、柔らかいものを食べるようになったから。
そして、日々のストレスでの歯の食いしばり。

・アゴの筋肉が凝り固まって、口が開かなくなったり、痛くなる。

・クッション(関節円板)がずれて痛くなったり、カクンという音がする。

解決策は血流が悪い筋肉を血流を良くすること。

困ったらこの病院へいきます

・田口歯科医院

田口望 院長に相談します。

治療法は先生が患者の口の中に手を突っ込んでアゴをグリグリ。
この方法で9割以上の人が治りました。

スポンサードリンク

-食べ物, 筋肉,
-, ,

執筆者:

関連記事

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆の正しい食べ方講座-トッピング、何回混ぜる?いつ食べる?

納豆は血栓を溶かす働きがあり、長生きフードとして愛されています。 私も毎日かかさず納豆を食べます。 スポンサードリンク 納豆にはナットウキナーゼという納豆にしか存在しない栄養素があります。 ナットウキ …

間違った食事法から正しい食事法へ、コレステロールなどの話

間違った食事法から正しい食事法へ、コレステロールなどの話

・効果がない食べ方 ・体に悪い食べ方 間違った食べ方が世に知れ渡っている。 スポンサードリンク あなたの食べ方は大丈夫ですか? 医学的に正しい食べ方とは? スポンサードリンク

喘息と認知症を予防する野菜を高齢者は食べるべし

喘息と認知症を予防する野菜を高齢者は食べるべし

何歳から高齢者というべきか? 90歳にしてみたら下の世代は若く感じる。 10代にしてみたら50歳は高齢者。 一般的には60歳以上が高齢者らしいです。 スポンサードリンク 喘息と認知症を予防する野菜と食 …

ロコモを防ぐには筋肉量を増やして下半身足腰を鍛える

ロコモを防ぐには筋肉量を増やして下半身足腰を鍛える

体には、生きていくための機能と生活するための機能があります。 生きていくための機能とは、脳や内臓などのこと。 病気にならない食生活習慣が大事。 スポンサードリンク 生活するための機能とは、体を動かすこ …

血糖値スパイクになる人の6つの特徴と改善策

血糖値スパイクになる人の6つの特徴と改善策

血糖値スパイクになる人の特徴は6つ。 ・血糖値が上がりやすい食材を食べている ・炭水化物、糖質から食べている ・早食い ・1日2食か1食 ・寝不足 ・座る時間が長い スポンサードリンク 1つでも当ては …