100歳まで健康で長生きするための予防対策研究所

健康と長生きについて研究しています。実践していることや有益な情報を記事にして投稿しています。目指せ100歳!

食べ物

気管に入りやすい食べ物と飲み込む力を強くするトレーニング

お年寄りが喉に詰まりやすい代表的な食べ物は「お餅」なのは有名。

それでも毎年お餅を食べて窒息する人はいます。
気を付けたいですね。

喉に詰まりやすい食べ物と飲み込む力を強くするトレーニングがあります。


喉に詰まりやすい食べ物

・おにぎり(喉の粘膜に張り付きやすい)
・鮨
・パン
・白滝、糸こんにゃく
・味噌汁、スープ(ほうれん草、わかめ)
・おかゆ
・ヨーグルト
・薬(喉の張り付くことがある)
・痰(たん)
・歯垢(肺に入って肺炎になることがある)

「どれも知ってるよ」と思われそうですが今一度確認。
落ち着いて、よく噛んで味わうことが大事。

歯垢が原因で肺炎になることを知らない人は多い。
歯周病の人、家族に歯周病の方がいる場合は気をつけてください。

お年寄りは歯を磨くことも大事です。
歯医者に行って定期検診を受ける。

あとは飲み込む力を強くするトレーニングをする。

 

飲み込む力を強くするトレーニング

のどが詰まって窒息死するのは、死ぬよりつらい非業の最期が待っている。

70代~80代になってからでも決して遅くはない。
のどを鍛えてみる価値は充分にあるのでやってみてください。

飲み込む力はいくつになっても復活させることができます!

1.嚥下おでこ体操

・へそを覗き込むように下を向く
・手のひらの付け根でおでこを上に押す
・首に力が入った状態を5秒間キープ

スポンサードリンク

2.あご持ち上げ体操

・下を向いて力いっぱいあごを引く
・下あごに両親指を当てて押し返す
・のど仏がグッと上がった状態で5秒キープ

鏡を見ながらやるといいでしょう。

のど仏を動かす筋肉を鍛えるため、「嚥下おでこ体操」と「あご持ち上げ体操」の運動を5回~10回くり返す。

※無理はしないでくださいね。

 

喉を鍛える方法

大切なのは、むせるのを放置せず、のどをトレーニングすること。

・人と喋る
・音読をする(30分)
・カラオケで歌う
・柔らかい物ばかりを食べない
(顎の力が弱るため)
・歯ごたえのあるものは、いつもの倍以上しっかりと噛む

窒息を防ぐのに重要なのがノド仏。

食べ物をゴクンと飲み込むときに、しっかりと上に動いていないなら、ノドの中にある喉頭蓋が、きちんと働いていない証拠。

男性でノド仏がわかりやすいなら、その位置に注目。
首の半分より下にあるようなら、 飲み込む力が衰えているサイン。

 

食べ物でむせる原因

原因は口やノドが充分に湿っていないから。

口やノドが充分に湿っていないと、飲み込んだ食べ物がパサついていて、食道へと滑り込んでいかず、のどに張り付いて、せき込んでしまう。

食べ物でむせないためにもノドのトレーニングはしておきましょう。
そして、むせやすい食品はなるべく食べない。

「鍛錬くん」で喉をトレーニングしてみる。

100歳まで絶対に生きる。

 

スポンサードリンク

-食べ物, , ,
-, ,

執筆者:

関連記事

ドライマウスの原因や検査方法と対策は漢方と運動をする

ドライマウスの原因や検査方法と対策は漢方と運動をする

ドライマウスは唾液の分泌が少なく、口の中が乾いてしまう症状。 口腔乾燥症ともいいます。 口が乾くと食べ物が飲み込みにくいし、喉が渇くし、喋りづらい。 唾液が少ないので、虫歯や口臭などの原因にもなります …

頻尿予防する野菜、ノコギリヤシ、骨折予防の食べ物は枝豆

頻尿予防する野菜、ノコギリヤシ、骨折予防の食べ物は枝豆

頻尿と骨折はお年寄り・高齢者に多いです。 若いうちから、対策を練っておけばいいのです。 年を取ってからでは遅すぎるので、年齢関係なく対策はしておきましょう! スポンサードリンク と、自分に言い聞かせて …

老化を遅らせる方法は体を糖化させないことで食べ物が重要

老化を遅らせる方法は体を糖化させないことで食べ物が重要

老化のスピードは人によって違います。 遺伝もありますし、生活習慣で大きく変わります。 自分の遺伝子を今から書き換えることはできるのかは知りません。 スポンサードリンク 生活習慣は変えることはできますよ …

間違った食事法から正しい食事法へ、コレステロールなどの話

間違った食事法から正しい食事法へ、コレステロールなどの話

・効果がない食べ方 ・体に悪い食べ方 間違った食べ方が世に知れ渡っている。 スポンサードリンク あなたの食べ方は大丈夫ですか? 医学的に正しい食べ方とは? スポンサードリンク

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

コレステロールが増える食べ物と動脈硬化の食事対策

動脈硬化の食事対策はコレステロールが増えない食事を心がける。 毎日の食生活がその後の体を作ります。 ・食べすぎてはいけない食品 ・食べて方がいい食品 スポンサードリンク とは一体なんでしょうか? 1日 …